スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
--------(--)
 

アクロバット講座のサービス内容について

アクロバット講座の内容について書きたいと思います。

まあ、講座に申し込んでもらうのが手っ取り早いんですけどね。


アクロバット講座に申し込んでもらえば、
各講座ごとのノウハウを、
細かくステップに分けてメール配信してお届けします。

もちろん解説は文字映像の両方があります。


それから、自分の動きを撮影し、送信してもらえれば、
その動きに対するアドバイスをするサービスも行っています。

つまり、一方的にノウハウを配信して終わり、ではなく、
自分の動きのどこを直せばいいかをアドバイスする
というところまでがサービスの内容です。

これはメールでアドバイスをすることもあれば、
文字で表現しづらい場合は自分で動画を撮り、
アドバイスをすることもあります。


こうすることで、技の完成まで無駄な寄り道をすることもなく、
確実に、最短距離で技を習得できるようになります。

一人で練習するのに比べたら、
圧倒的な時間短縮になります。


また、直接指導ができない分、
安全面の配慮には最大限、十分に注意を払っています。

一人で練習しても大怪我に繋がらないよう、
安全に練習ができる環境作りの方法も提案しています。


もちろん、補助者を使った練習方法も紹介します。

それでもどうしてもできないようであれば、
直接指導もします(大阪か滋賀限定ですけど)。


アクロバット講座への申し込み後、
講座を始める前に、基礎力があるかをチェックします。

基準に達していないのに、技の練習を始めても、
上達に無駄に時間がかかるからです。


技ができるようになるための必要な条件に達しているかを確認し、
条件を満たしていれば、すぐに練習を始めたらいいし、
満たしていなければ、まずは基礎力をつけることを優先させます。

これは技の難易度によって求める基準が当然異なります。


ということで、基礎力がない人や、
普段から体を動かしていない人は、
基礎力をつける講座を受けてから、
または技の講座を受講しながら、
同時並行で練習をしていくといいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
2013-11-14(Thu)
 

基礎力をつけるとメリットしかありません

アクロバット講座では、
誰でも無理なくアクロバットの技ができるように、
ステップを細かく分けています。


誰でもできると書きましたが、
もちろん基礎力がついている人という前提条件が必要です。

この基礎力をつける方法もノウハウ化して、
アクロバット講座のコンテンツの一つにしています。


基礎力をつけるといいことしかありません


無駄な脂肪がなくなるので、
スリムな体になります

体操選手のような、魅力的で理想的な筋肉がつきます

スリムになって筋肉がつくと、どんな服も着れるし、
何を着ても似合うようになりますよ(笑)


それに、筋肉がつくと、基礎代謝量が増えるので、
何もしなくても勝手にカロリーを消費してくれるようになります。

つまり、どれだけ食べても太らない体質になります
(もちろん食べ過ぎは良くありませんが)


筋肉があると血流が良くなるので、
多くの女性の悩みである冷え症も改善されます

ただし、脂肪がなさすぎると寒さを直に感じてしまうので、
痩せすぎには注意してくださいね。


とまあ、基礎力があることの利点を述べましたが、
アクロバットができなくても、
アクロバットをできるようになりたいと思わなくても、
基礎力をつけていて損はないってことです。


僕が基礎力をつける講座を入れようと思ったのは、
アクロバットをするための基礎的な能力を
身につける必要があるから、
というのがそもそもの理由です。

そして、アクロバットに興味のない人にも、
この基礎力をつける講座を受けてもらうことで、
基礎代謝量を上げて、無理なく理想的でスリムな体を
手に入れてほしいという想いがあります。


それに、この基礎力をつけると、
体の部位を自由に動かせる、
または動かし方が分かるようになるので、
アクロバット以外の他のスポーツにも応用が効くようになります。


例えば、僕の場合ですが、
スノーボードは1シーズン目で、
ある程度滑れるようになりましたし、
今ではハーフパイプでターンもできるようになりました。

今年(2013年)沖縄で初めてウェイクボードに挑戦しましたが、
なんと1回目で立つことができ、
2回目にはずっと立っていられ、
3回目には片手でバランスを取れるまでになりました。


これも基礎力がしっかりついていて、
バランス力があるからできたんだと思います。

今年で33歳になる人間が
いきなりここまでできるようになったんです。

基礎力があれば、上達するのに
年齢は関係ないってことが分かりますよね。


この基礎力をつける講座だけでも、
十分に受ける価値があると思います。

興味がある人は、是非講座にご登録ください!

ブログランキング・にほんブログ村へ
2013-11-13(Wed)
 

なぜアクロバット講座を始めようと思ったのか

アクロバットやブレイクダンスや体操など、
危険が伴うスポーツにおいて、
一番重要なのが「練習する環境」です。


例えば初心者がバク転を練習するのに、
コンクリートの上で練習していれば、
間違いなく頭を打ってしまうでしょう。

そんな自殺行為をする人はいませんよね。

だからまずはセフティマットのある
体育館が必要だということが分かります。


環境は施設だけじゃありません。


どんなに頭から打っても死なない環境があっても、
正しい練習の仕方が分からなければ、
何日練習しようができるようにはなりません

バク転一つにしても、
できるようになるまでのステップがあるということです。


僕がアクロバット講座を始めようと思ったのも、
このステップを細かくノウハウ化して、
誰でもできる」ようになる環境を作ろうと思ったからです。


検索すれば、youtubeにもアクロバット講座はあります。

ただ、ノウハウがやや大雑把で、細かくステップ化されていないこと、
その技をやるのに何が必要なのかが具体的ではなく
何をどうやって練習していけばいいか分からない
などの問題があります。


それから、一人で練習する人は、
自分の動きのどこが悪いのか分からないので、
アドバイスをしてくれる指導者的な存在が必要です。


そこで、練習場所は自分で用意してもらうのは仕方がないにしても、
インターネットを使えば、
間接的に指導ができるんじゃないかと思ったわけです。


まさに「バーチャル体操教室」って感じですね。

遠方に住んでいたり、近場に体操教室がなくて、
泣く泣くアクロバットを諦めていた人には
朗報のサービスではないかと思っています。


コンテンツは最近作り始めたばかりで少なめですが、
要望があれば、それが自分ができる技であれば
どんどん講座を作っていきたいと思います。

アクロバットやブレイクダンスが中心ですが、
体操初心者向けに、体操競技の講座も
要望があれば作ろうと思っています。


興味がある人は、是非アクロバット講座にお申し込みください!

ブログランキング・にほんブログ村へ
2013-11-13(Wed)
 

ブレイクダンスとの出会い

体操の上達のいきさつについて書く前に、
ブレイクダンスとの出会いについて書きたいと思います。

というのも、体操もブレイクダンスも上達の過程が同じだから、
ふと書きたくなったのです。


僕がブレイクダンスを初めて見たのは、
僕が高校1年の時に、
アメリカへホームステイに行った時のことです。

この時に偶然見たテレビで、
ダンサーが背中や手を使ってグルグル回っていたのです。


こんな動きが人間にできるのか!


と、アトランタオリンピック以来の衝撃を受けました。


あのグルグル回る技ができたらどんなにカッコいいだろう


と、そのカッコ良さに惚れ、
早速真似して回ってみることにしました。


しかし、動き方がさっぱり分からない。

周りにできる人もいない。


そうこうしてブレイクダンスから離れること半年。

日本のテレビ番組で、
偶然とんねるずがブレイクダンスを練習する企画があったのです。


ここから僕のブレイクダンス人生が始まりました。


背中を使ってグルグル回る技は
「ウィンドミル」という名前なのですが、
何百回とスローで見ても、
やっぱり回り方が分からないのです。


体操も始めて柔軟も筋力も付いているのに
 なんで一向にできる気配がしないのだろう


何百回とやってもできそうな気がしなかったのと、
クラブと勉強で忙しくなり、
高校でブレイクダンスをする練習は幕を閉じました。


大学に入り、ネットを通じて知り合った人から、
ダンスの練習会のお誘いがあり、
ストリートダンスを本格的に始めることにしました。

この時はロックダンスから始めたのですが、
ロックダンスの練習をしながら、
同時にブレイクダンスの練習も再開しました。


足や腰を打ちまくりながらも、
練習を重ねること半年。

ようやくウィンドミルが完成しました。


この時の達成感といったらないですよ(笑)


ウィンドミルと並行して練習を始めたトーマス旋回も、
半年で回せるようになりました。


あれから15年という歳月が流れ、
すっかり体力も筋力も柔軟もガタ落ちですが(笑)、
2013年、33歳になった今も、こうして
ウィンドミルもトーマス旋回も回せています。

僕のyoutubeのチャンネルにアップロードしていますし、
アクロバット講座のカテゴリに貼ってますんで、
僕の動きを見たい方はそちらをご覧ください。


僕はダンスを職業にしているわけでもないし、
普段からブレイクダンスの練習をしているわけでもありません。

しかし、体が動き方を覚えているのと、
体操をずっと続けているおかげで、
久し振りにやってみても回すことができます。


僕は上達には時間がかかりましたが、
ブレイクダンスも体操と同じく、
上達に必要な要素が存在します。

その条件をできるだけ多く満たしていることが、
上達の近道だと気付いたのです。

次回、そのことについて書いてみたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
2013-11-11(Mon)
 

スポーツの上達に必要なもの

僕は高2の時、体操部に入部しました。

一年と少しでクラブ引退という限られた時間の中で、
どうすれば一気に上達できるか考えました。


僕が所属していた体操部は、
伝統的に先輩が後輩を指導するという形を取っています。

しかし、2年の夏が終わると3年が引退。

大して上手くなっていない時期に先輩に引退されると、
もうあとは自分で研究するしかありません。

そして、研究と練習をひたすら繰り返し、
努力の甲斐あって、わずか一年ちょっとで
部内でトップの成績を出せるようになりました。


昔を振り返って気付いたことがあります。

それは、上達するのに必要な条件がいくつかあって、
その条件を多く満たしていればいるほど、
上達が早まるということです。


その条件を以下に挙げておきます。


筋肉、柔軟などの基礎力

自分の動きを客観視できること

モデルとなる動き

ノウハウ、指導者

日常的に練習できる施設

失敗しても怪我を起こしにくい環境、または予防策

新しいことにチャレンジする勇気

できるようになるまで諦めず続ける努力


これらのどれかが一つでも欠けていると、
それだけで上達が大幅に遅れます

歳を取ってから、新しいスポーツを始めたい時、
なかなか思うように体が動かず、
上達が遅くなるのには理由があります。


それは、一番最初に挙げた、
加齢による筋肉柔軟などの基礎力の衰え
一番大きく影響しているのではないかと思います。

なので、普段から体を動かし、
基礎力が十分にある人は、
それ以外の条件さえ満たしていれば、
どんなに歳を取っても
どのスポーツを始めてもすぐに上達するのではないかと思います。


体操やブレイクダンスやアクロバットは、
思うにかなりの基礎力がないとできないと思います。

これが歳を取ってから始めてもなかなかできない理由ですね。

なので、アクロバット系の動きを
できるようになりたいと思っている人は、
とにかく早くから始めることです。


もう30も過ぎたから今から始めても
 どうせできるようにならないだろうな



と諦めている人もいるかもしれません。

しかし、基礎力さえ身につければ、
30を過ぎてから始めても、
バク転や宙返りはできるようになるし、
ウィンドミルも回せるようになります。


メール講座では、アクロバット講座以外にも、
自分の体を支える筋肉のつけ方や、
アクロバット系に必要な瞬発力のつけ方
効果的な柔軟の仕方など、
基礎力をつけていくトレーニングなども紹介していきます。

興味がある人は、是非ご登録ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
2013-11-10(Sun)
 
検索フォーム
アクロバット講座のお申し込み
Step Learning Tricks
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
自己流でちまちま練習するよりも、動画講座で一気に上達しませんか?ノウハウの通りにやれば、誰でも華麗なアクロバットが可能です。筋トレ・柔軟のメニューもあり、体を鍛えたい、痩せたいだけの人も大歓迎です!
最新コメント
メールフォーム
追加してほしい講座があればご連絡ください。自分ができる技であれば講座を作ります。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
プロフィール

トーマス

Author:トーマス
生年月日:1980年9月30日
身長:165cm
体重:48kg
体脂肪率:10%
職業:投資家
居住地:大阪
趣味:音楽鑑賞、ドライブ、スノボ、ダンス、体操
体操歴:16年
ダンス歴:14年
得意ジャンル:ブレイク、ハウス
得意技:トーマス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。