スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
--------(--)
 

アクロバット(体操)との出会い

僕とアクロバット(体操)との出会いは、
1996年、僕が高校1年の時でした。


この年にあった大きな出来事と言えば、
アトランタオリンピックが開催されたことです。

当時、僕は卓球部に所属していたので、
ずっと卓球をしていたのですが、
アトランタオリンピックで見た体操の映像にくぎ付けになりました。


床の種目でネモフ選手と李小双選手が行っていた
開脚旋回に衝撃を受けたのです。


youtubeに動画がアップされているのを見つけたので、
是非見てください。

途中で旋回技が入っています。

ネモフはシュピンデルという、旋回と逆方向にひねる動きを、
李小双はゴゴラーゼという
倒立から下ろして旋回をする技をやっています。


↓ネモフのシュピンデル


↓李小双のゴゴラーゼ



この技をできるようになりたい!


アトランタオリンピックがきっかけで、
体操に目覚めたのです。


しかし、実際に体操部に入ったのは高校2年の6月からでした。


あと一年ちょっとしか時間がない!


この短期間に上達するために、
徹底的に体操の動きを研究しました。


その努力の甲斐もあって、

高校三年の春に開催された
春季大会、二部個人総合で堂々の第3位。

続いて夏に開催された
二部大会でも個人総合3位。

そして、最後の試合となる大阪府総体
一部個人総合で10位に入りました。


9位から上は体操の名門、
清風高校がほぼ独占状態です。

清風には誰一人勝てませんでしたが、
たった一年ちょっとでそこまでの結果が出せたことは、
大きな自信となりました。


次回、体操を始めて一年以内で
みるみるうちに上達していったいきさつと、
その時に気付いたこと、
上達するのに必要なことを書いていこうと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
2013-11-10(Sun)
 

トンフェイ(バタフライツイスト)講座



講座の申し込みは左のフォームからお願いします。
スマホの人は、画面の一番下までスクロールして
「PCビュー」をクリックすればフォームが出てきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
2013-09-01(Sun)
 

自己紹介

体操との出会い

~幼少期・保育園~
跳び箱5段を跳ぶ。
壁逆立ちをする。
壁逆立ちから腕立て伏せをする。
エビ反りで頭と足先がつく。

~小学校~
鉄棒で補助板を使わず逆上がりをする。
鉄棒で前転跳びをする。

~中学校~
鉄棒の上で座っている状態から膝かけ前回りし、手を離してコウモリぶら下がりから勢いをつけて飛ぶ(ノサカスペシャル)。考案した人がノサカ君だったから。

~高校~
体操用のしなる鉄棒ではなく、運動場にある、しならない高い鉄棒で逆手車輪をする。
その後、アトランタオリンピックの体操に魅せられ、高2から体操部に入部する。
夏の大会で3部デビュー。
秋の新人大会で2部デビュー。
初の2部の大会で個人総合11位。
春の大会で2部個人総合3位、団体優勝。
夏の2部大会で個人総合3位、種目別あん馬優勝、団体優勝。
夏の総体で1部個人総合10位、団体3位。
たった1年で1部に出場し、個人総合10位まで登りつめる。

~大学~
体育会の上下関係の洗礼を浴び、1年で退部する。
2年時にはインターネットの体操サイトで、
いろんな学校の体操部や体操ファンとの交流を図る。
3年時にピンチヒッターとして出場した試合を機に体操部に復帰。
4年時には西日本インカレで団体で10位以内に入り、全日本インカレの出場を果たす。

~社会人・現在~
2週間に1回、滋賀県の体育館で他校のOBらとともに練習をする。
毎年全日本社会人大会2部に出場している。
体操やアクロバットの動画講座を作成する。

~これからの展望~
動画講座を使ってコンテンツビジネスを展開する。
指導している体操部を2部個人総合優勝、団体総合優勝、種目別優勝を達成させる。

youtube:http://www.youtube.com/user/skyyeahski

ブログランキング・にほんブログ村へ
2013-04-23(Tue)
 

バク宙(後方抱え込み宙返り)講座



バク宙(後方抱え込み宙返り)ができるようになるために必要なもの

・脚力(上に跳ぶ力)

・瞬発力(抱え込む力)

・胸で引っ張る力

・体の締め

・後方へ回るタイミング

・空中で回る感覚

・着地のタイミング

・セフティマット・ピット・トランポリン

・勇気(後方へ回る恐怖感の克服)



以上の条件を揃えている人は、
1ヶ月以内に補助を使わずにバク宙ができるようになるでしょう。


後方抱え込み宙返りは、体操競技の基本技の一つです。

ロンダートから、またはバク転から宙返りにつなげることにより、
宙返りの勢いがつき、
抱え込みの姿勢から、屈伸、伸身、2回宙返りと、
技の発展性があります。


また、体の軸が安定していると、
宙返りをしながらひねることもできるようになります。

伸身姿勢を保ちながら、
余裕で立てるぐらいに軸が安定していれば、
着地するまでにひねりの回数を
どんどん増やしていくことができます。


バク宙はバク転ができなくてもできるようにはなりますが、
バク転ができてから技の練習に取り組むと、
比較的楽にできるようになります。

というのも、バク転をマスターしていれば、
後方へ回る恐怖心は克服しているからです。


バク転とバク宙の違いは、

・ける方向

・体が反っているか、抱え込んでいるか

これだけです。


どちらから練習をしても
どちらの上達にもつながります。

ただ、同時並行に練習すると、
ける方向がおかしくなったりするので、
まずはどちらかの技をできるようになってから、
他方の技の練習に取り組みましょう。


安全面の観点から言うと、
バク転は回転途中に床に手がつけるので、
バク宙ほど恐怖感がなく、比較的安全です。

なので、最初はバク転から練習することをお勧めします。


バク宙講座では、先ほどの条件の、

・脚力(上に跳ぶ力)

・瞬発力(抱え込む力)


などの基礎力をつけるトレーニング法を紹介します。


講座の後半では、

・後ろへ回る恐怖感の克服の仕方

・補助台・補助者を使った練習法

・セフティマット、ピット、トランポリンを使った練習法

・家でできる、後方へ回る感覚をつかむトレーニング法

・一人で練習する方法
(セフティマット・ピット・トランポリンのいずれかがあるという条件で)


など、段階を踏んで、最終的に一人でバク宙ができるまでの
ステップをお伝えしていきます。

近くに体育館がなく、
セフティマットを用意できない場合でも
補助者を使って安全に練習する方法も紹介します。


講座の申し込みは左のフォームからお願いします。

スマホの人は、画面の一番下までスクロールして
「PCビュー」をクリックすればフォームが出てきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
2013-03-23(Sat)
 

バク転講座



バク転ができるようになるために必要なもの

・体を支える力

・肩・背中・腰(反り)の柔軟

・体の締め

・反動・瞬発力

・床を押す力・タイミング

・ブリッジ

・倒立

・倒立からのうさぎ跳び

・セフティマット、またはピット

・勇気(後方へ回る恐怖感の克服)



以上の条件を揃えている人は、
1ヶ月以内に補助を使わずにバク転ができるようになるでしょう。


バク転は、体操競技の基本技の一つです。

バク転は、バク宙への助走の役割として使うことができます。

また、バク宙と違って、回転中に床に手を着くので、
バク宙ほど恐怖感がなく、
バク宙よりは技に取り組みやすいと言えます。


バク転ができるようになるためには、
倒立やブリッジなど、体操の初歩の技ができていないと、
上達に非常に時間がかかります。

また、環境も非常に重要で、
セフティマットやピット、トランポリンなどがあるのとないのとでは、
上達面だけでなく、安全面にも大きく影響します。


バク転ができるようになるかならないかは、
後方へ回る恐怖感を克服できるか否かにかかっています。

この技に多くの人が憧れ、できるようになりたいけど、
いつまで経ってもできるようにならないのは、
頭を打ってしまうんじゃないかという
恐怖感を克服できないからです。


バク転講座では、
倒立などの体を支える力、
ブリッジなどの柔軟など、
基礎力がついているという前提で進めていきます。

なので、バク転をできるようになりたい人は、
バク転講座を受ける前に、
まずは倒立講座を受けてもらって、
基礎力を先につけることをお勧めします。


バク転講座では、

・後ろへ回る恐怖感の克服の仕方

・補助台・補助者を使った練習法

・セフティマット、ピット、トランポリンを使った練習法

・家でできる、後方へ回る感覚をつかむトレーニング法

・一人で練習する方法(セフティマットがあるという条件で)


など、段階を踏んで、最終的に一人でバク転ができるまでの
ステップをお伝えしていきます。

近くに体育館がなく、
セフティマットを用意できない場合でも
補助者を使って安全に練習する方法も紹介します。


講座の申し込みは左のフォームからお願いします。

スマホの人は、画面の一番下までスクロールして
「PCビュー」をクリックすればフォームが出てきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
2013-03-22(Fri)
 
検索フォーム
アクロバット講座のお申し込み
Step Learning Tricks
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
自己流でちまちま練習するよりも、動画講座で一気に上達しませんか?ノウハウの通りにやれば、誰でも華麗なアクロバットが可能です。筋トレ・柔軟のメニューもあり、体を鍛えたい、痩せたいだけの人も大歓迎です!
最新コメント
メールフォーム
追加してほしい講座があればご連絡ください。自分ができる技であれば講座を作ります。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
プロフィール

トーマス

Author:トーマス
生年月日:1980年9月30日
身長:165cm
体重:48kg
体脂肪率:10%
職業:投資家
居住地:大阪
趣味:音楽鑑賞、ドライブ、スノボ、ダンス、体操
体操歴:16年
ダンス歴:14年
得意ジャンル:ブレイク、ハウス
得意技:トーマス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。